世田谷区立松丘小学校 1年生(絵本を演劇に)

世田谷区立松丘小学校 1年生(2014年1月)
2時間×3日間(2クラス_他2クラスは大久保慎太郎さんが進行、世田谷パブリックシアター事業)

1日目
1時間目
クラス全員で「赤は止まる、青は歩く、紫はジャンプ、ピンクは犬の真似」などを決め、進行役の合図でその動きをする(時々ミックス)
全身でグーチョキパーの形をつくり、全身ジャンケン(個人戦)
全身ジャンケン(クラスを4グループ_10人弱_に分ける団体戦)
2時間目
身体を使ってものの形を表現する活動
一人で、二人で、三人で、六人でと、だんだん増やしていく
最後に自分たちが夏に育てたアサガオの一生をグループで表現する

2日目
1時間目
上履きの高く積み上げ競争(4グループ)
身体でものの形をつくることの復習
2時間目
「ゾウの鼻はなぜ長い?(キップリング)」の話を聞いてもらう
物語の一部分を児童たちが演劇にする

3日目
1時間目
「マジックアップル(レイナー・サセックス)」の絵本の読み聞かせ
お話の思いだし(場面を7つ程度出してもらう)
グループに分かれ、どの場面をやりたいかを決める
2時間目
グループで担当の場面を演劇にする
中間発表(物語の順番ではない。やりたいグループからやり、観ていた人に感想をもらう)
つくりなおし(練習をもう一度やる)
物語の順番に発表をしていく

 

こーたの思ったこと

世田谷パブリックシアターでは「かなりゴキゲンなワークショップ巡回団」と銘打って、2003年から世田谷区内の小中学校で年間を通じて出張ワークショップ活動を行っている。劇場と年間契約している進行役(年間契約ファシリテータ)は今年度は5人で、基本的にはその5人で小中学校に出張してワークショップを行う。時には一人、時には複数人で進行をする。延べ250回以上行っている。小学校低学年からの依頼が多く、中でも、1回(2時限)だけや、多くても3回(6時限程度)のワークショップを行うことがほとんどである(学芸会などで一緒に活動する場合は10回以上になることもある)。

ここに記した進行は、ある意味、私の小学校1・2年生向けの典型的なワークショップの進め方なので、代表してあげさせてもらった。1回の場合は1日目の内容、2回の場合は2日目までの内容になる。学校は、クラスごとに差ができることを好まないので、同時に2クラス並行でやることも多く、そのような時は世田谷パブリックシアターの年間契約ファシリテータが同時に別の場所(教室や多目的室など)で同時に同じような内容のワークショップを行う。この時は大久保慎太郎さんが別のクラスを担当した(内容はほぼ同じである)。

プログラムは、ゲームのようなことから始めるが、「自分たちで決めたルールを守る」「一人で考える」「相談しながら考える」「頭と身体をつかう」など、様々なことが盛り込まれている。

2日目の「ゾウの鼻はなぜ長い」は、絵本を読むのではなく、私がお父さんやお母さん、主役の子どものゾウ、ワニなどの役を全部やりながら進めていく。最後にワニが鼻の短い子どものゾウの鼻に噛みつき、伸ばしてしまうという話である。

児童たちは、絵もないのに、私の話を真剣に聞いてくれるし、ワニに食べられそうになるところなどは、ドキドキしながら「行っちゃダメだよ」「あぶない!」と言ったりする。物語にのめり込んでくれるので、私の俳優としての(?)楽しい時間でもある。実は、以前、3年生の早い時期(5月か6月)にこの話をしたのだが、それほど児童たちは楽しめなかった様子であった。このプログラムは2年生までにしている。

最後には、5~6人程度のグループになり、「鼻が短いが伸びる」ゾウをつくってもらう。そして私がワニになって、パクリと噛みつき、鼻が伸びる、という場面を児童たちと一緒にやるのだ。児童たちはいつでも楽しそうにこの活動をやっている。

3日目はもうゲームなどはやらないようにしている。なぜなら、劇をつくって、作り直しというか、最後の発表会の前に一度中間発表をして出来なかったところをもう一度練習する時間を取りたいからだ。

「マジックアップル」はたまたま見つけた絵本であるが、とても気に入っている。話も面白いのだが、短い時間で児童たちが演劇にするのに丁度いい場面数、ストーリー展開だと思うからだ。物語をいくつかに分けて、最終的にはクラスで一つの物語の演劇をやるというのが、私はとても良い活動だと思う。

ワークショップには、当たりや外れ、正解不正解というものはないので、どんなことをやっても良いと思うが、1つの同じことを、全部のグループがやるというより、違うことをやるのだが、それが一つに繋がっている方が、児童たちにとっては嬉しいことなのだと思う。

例えば、1日目の最後には花(今回はアサガオだったが)を5~6人のグループで、種から芽が出て、ツルが伸びて、つぼみが出来て、花が咲いて、枯れて、また種ができる、という活動をやる。1グループ5~6人だから、クラスにもよるが4~7グループ程度花を咲かせることになる。「違いを楽しむ」という意味では楽しいことだが、小学校低学年などでは真似をしたわけではないのに「真似した」と思うことも多く、また「真似した」と言ってしまいケンカになることもある。「真似した」とは言わないなりにも、「似てるな」とか「自分たちより面白い」のように、同じ活動をすることで優劣を心の中でつけてしまう。

それは花でなくても同じである。例えば、三匹の子ブタで「もし4匹目の豚がいたら、オオカミが入ってこれないような、どんな家を考える?」という投げ掛けをすることがあるとしよう。いろいろなアイディアが出てくる児童だったら良いが、なかなか出てこない子もいる。また、同じような発想をして「真似した」問題が浮上することもある。童話は物語の中で何回か同じようなことを繰り返すことが多い。3枚のお札にしても、ネズミの嫁入りにしても、マッチ売りの少女にしても。繰り返しの面白さはあるが、その発想を楽しむには時間がかかるような気がするのだ。

話が横にそれたが、とにかく私はこの「マジックアップル」を気に入っている。最初の発表は、場面を演劇に出来たグループからやってもらい、観ていた人に良かった点、分かりにくかった点、アドバイス等を言ってもらう。次々と意見は出てくるのだが「もう少しセリフを増やした方が良い」「怖い顔をした方が良い」というような厳しい意見も出てくる。基本的には出てきた意見を参考にしてもらうことにするが、単純に練習不足で出来なかったグループにも厳しい指摘が飛ぶこともあるので、そんな時は「本当は今の意見のようにやりたいと思っているんだけど、ちょっと練習時間が足りなかったんだよね」とどちらの意見も否定しないように心がけ、もう一度練習し発表するチャンスを設けるようにしている。

この中間発表は時間がかかる。一つ一つのグループを丁寧に見て、意見を求めるからだ。完璧を最初から求めないので、自信のある、またはやりたいグループからやってもらうことにしている。早くやりたい、自信のあるグループは、他のグループが見ても参考になることが多いからだ。

ただ、最後の発表は、物語の通りに進むことにしている。演劇になっていない場面や、絵本なので、繋ぎのナレーター的な役割を私がやり、演劇の部分は児童たちだけで行うようにしている。

昨年ではあるが、この活動を2年生の3学期にやったところ、1年生から続けて担任していた先生が「成長したなぁ」と感じ、泣いてしまって、児童たちに感想を言ってあげられないことがあった。おそらくだが、先生方は、こんな演劇は出来ないと思っているし、やろうと考えることもないと思う。しかし、私は何年もこの活動をやっていて、児童たちにはやれる力があることを信じている。そして、毎回素晴らしい作品になっているので、毎回驚いているのである。

松丘小学校へのリンク(活動の様子のリンク)
1日目